矯正歯科・舌側矯正・裏側矯正(名古屋・愛知)は専門医のいる「いけもり矯正歯科」

安心の治療。名古屋(愛知)の矯正歯科・舌側矯正・裏側矯正は当医院へ。

HOME | 治療について | 患者さんの声

患者さんの声

念願のカナダに住んでいます

矯正歯科の装置が外れたのは2002年7月のことです。装置が外れて直ぐに、念願のカナダ留学をしました。今、カナダのモントリオールに在住です。年に1回位は帰国しますので、その時に健診にうかがっています。

 

今は、エステティシャンで頑張っています!

私が矯正歯科に来たのは、まだ小学生の頃で両親に連れられてでした。母と緊張して中に入ると、感じのよいお姉さんたち、貫禄のある優しい先生が出迎えてくれ、とても安心した記憶があります。
 
初めのころは、歯が大きく動くせいか、痛くて来て一週間はものが食べられなかったので、もういやだと思ったこと、何度もありました。しかし、いやだと愚痴をこぼすたび、母の「女の子だから、将来のために治してあげたい」という気持ちを聞かされ、なんとなく自分のためなのかなあと感じ始めました。そのときに矯正歯科治療に必要な金額も聞きました。正直びっくりしました。
 
矯正歯科治療を始めて半年ぐらいで歯並びは安定しており、自分の歯がどういう状態だったのかも忘れてたので。今になって自分の始めの歯の状態の経過の写真をみると恐ろしくなります。もし、矯正歯科治療をしていなかったら、続けていなかったら今のわたしはどうなっていたか。。。中学、高校と少しずつ装置がはずれ、将来の進路を自信もって決めることができました。
 
いま私は美容に携わるエステティシャンです。ひとりひとりの肌の悩みや体の悩みに真剣に向き合ってきれいのために自分ができることを頑張っています。人をきれいにするために自分に自信をもつこと、今の私の基盤です。今の仕事についてみて思うのは、自信を持つということがどんなに大切なことかということです。私のために考えてくれた母、先生方、本当に感謝しています。
 
通いやすい、良い雰囲気の場所だからこそいまでも経過観察で来ています。

矯正歯科治療中もずっとバレエは続けていました。


3歳のときからクラシックバレエを習っているんですが、以前出たコンクールで、審査員の方から「口もとがちょっと気になるね」と言われたのが矯正歯科治療をやろうと思ったきっかけです。
 
踊っている間は意識して笑顔をつくっているんですが、もともと出っ歯(上顎前突)だったので、疲れてくると筋肉が下がって、どうしても口もとが"もったり"してくるんです。それに、笑っていると歯が乾いてそのまま唇が降りてこなかったり、食事のときにあごがコキコキ鳴るのも気になっていたので、自分から「治療したい」って言いました。
 
今は口の中にゴムをかけて咬み合わせを正しているところで、あと2、3カ月もすると装置がとれる予定です。食事と歯みがきのとき以外はゴムをかけているので、はた目には大変そうに見えるようですが、実際にはそれほどでもないんです。よく「矯正歯科治療は痛い」って言われますけど、私はそれほど痛くもなかった。なので、治療のストレスって、とくにはないですね。
 
もちろん、治療中もバレエはずっと続けていて、去年ははじめて主役を務めたんです。そのときはブラケット(矯正歯科装置)が照明に反射して光ってしまうので、先生にお願いして特別に外してもらいました。公演の写真を見ても、以前とは口もとの感じが違うので、すごくうれしい。バレエはこれからもずっとやっていきたいので、きれいな歯並びで舞台に立てるのが今からとっても楽しみです!

レポートも矯正歯科について調べました。

はじめていけもり矯正歯科に行ったのは小学2年生のとき。幼稚園の頃は歯並びがすごくよかったのに、生え変わってから前歯が出てきたんです。それで小学4年生から治療を始めました。

 
  私の場合、最初はセパレーション・エラスティク・リングという器具を奥歯にはめて、歯の間隔を少し広げたんです。その後、小学6年のときに歯がきれいに並ぶスペースをつくるために、6本抜歯しました。
 
  日赤病院の口腔外科に入院して一気に抜いたので、直後は顔がすごくはれて、ご飯も食べられないし、ちょっとつらかったですね(笑)。今はようやく装置がとれて、きれいに並んだ歯が後戻りしないようにリテーナーで保定しているところです。
 
  こうしてみると、すごく長い間、治療していたみたいですけど、実際にブラケット(矯正歯科装置)をつけていたのは2、3年なんですよ。ただ、私は痛みに敏感なのか、歯が動くときは痛くて食事もとれないときもあったし、口内炎もよくできたし...。そんなときは、ドリアとかカステラとか、やわらかいものばかり食べてましたね。
 
  でも、クラスにも矯正歯科治療をしている子が何人もいたし、写真を見ても今と昔とでは全然顔つきが違うから、やっぱりやってよかった! 装置をとってからは笑って写真に写ることが増えたし、大好きなキャラメルも食べやすくなりました(笑)。


 中学3年のとき、香澄さんは学校の総合学習で「矯正歯科」をテーマにレポートを作成。本院のスタッフに仕事内容などを取材してデジタルカメラで院内を撮影をしたものを、4つ切り2枚の大きさにまとめてくれました。力作です!
 

 
 
医療法第14条の2に規定された
掲示事項
  1. 管理者の氏名:池森由幸
  2. 診療に従事する歯科医師の氏名
    • 池森由幸
    • 志賀百年
    • 池森宇泰
    • 池田大恵
  3. 歯科医師の診療日及び診療時間
月曜日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

火曜日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

水曜日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

木曜日

休診

金曜日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

土曜日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

日曜日

10:00〜12:30 13:30〜17:00

祝 日

10:00〜12:30 13:30〜19:00

原則として日曜日に診療します。
日曜日が休診になった場合には
2日後の火曜日が診療日になります。
その他随時休診日を設ける場合には
事前にWeb-Site等で公示します。

いけもり矯正歯科
Since              1985-07-01
本バージョン   2016-05-17
 
最終更新日
2016-08-18
 
Copyright
いけもり矯正歯科
All Rights Reserved.